Notice: Undefined index: __default in /home/wafelhui/public_html/arkrehome.com/templates/j51_classic/index.php on line 26
Slide3 SlideA1 SlideA2 SlideA3 SlideA4 SlideA5

Slow Life in Mt.Rokko

気づけば、都心のすぐそばで豊かな山暮らし

アークレホームは六甲山で唯一の不動産会社であり、豊かな自然環境との共生を目指し、自然素材を使った家づくりがカンパニーポリシーの会社です。

知られざる最高のロケーション、瀬戸内海国立公園六甲山地区

六甲山は南に神戸の都心三宮、東に西宮、宝塚、裏六甲ドライブウェイを抜ければすぐに阪神高速。通勤にも便利で、別荘としてのみ使用するにはもったいないロケーションです。都会の喧騒が信じられないほど静かで緑豊かな住環境。山上には神戸市立の六甲山幼稚園と 六甲山小学校があり、そのユニークな教育方針で神戸のあちこちからケーブルを使って通学する生徒もいるほどです。今や、ニュヨークタイムズに火入れ式が報じられるぐらいです。

も ともと保養所や別荘仕様の建物が多い六甲山で現在市場に出る物件のほとんどが、長い間使用されることなく放っておかれた状態のものがほとんどです。住居として使用するには、建て替えか、リフォームかが必要になってきます。アークレホームは不動産業と並行してリフォームをはじめとした木の家に特化した建築業も手がけております。お世話した物件で快適に住んでいただけるよう、お手伝いさせていただいております。特に寒さの厳しい六甲山の冬に対応するためには通常住宅にはみられない気配りが必要となります。その反面、すばらしい緑の宝庫を手に入れることが出来ます。

六甲山に事務所を構え、山を熟知しているアークレホームのスタッフならではのアドバイスにきっとご満足いただけることと思います。

環境を考えた家づくり

アークレホームはログハウスや木の家をお勧めしています。ログハウスや木の家といっても一昔前と違って最近、多種多様のものがあり、さて建てる段になりますと非常にいろいろと迷うものです。ホームページのブロッグなどをぜひご覧下さい。きっと建物や自然環境に対する弊社の姿勢を必ず分かってただけることと思います。

ガスヒーターや石油ストーブに比べて、薪ストーブがずっとエコロジカルなのはご存知でしたか?せっかく自然豊かな環境に住むのですから、ライフスタイルもで きる限り環境に気配りしたものにしたいものです。薪ストーブ、漆喰、珪藻土、廃材などを利用して、アークレホームはそんな思いを形にするお手伝いをさせていただいております。

物件情報でお気に入りのものが見つからなければ、ご遠慮なくお尋ねください。何年も待たれて、夢を実現された方もおられます。六甲山は国立公園であり様々な規制があります。皆様のご要望をじっくりお聞きして、アークレホームなら規制の範囲内でお客様のニーズとライフスタイルにぴったりの家探し、家づくりをお約束します。

弊社事務所もログハウスを新築した折に出る廃材を利用してリフォームしております。見事に(節約も兼ねて)30cm位の端材も天井に生かしております。どうぞご見学をかねて、お気軽に六甲山の弊社事務所までお出かけください。

Latest Blogs

  • 災害が続いております・・・・・・

    7月に豪雨があり、これ以上の災害が起こらないことを願っていましたが、台風20号、21号、6月の大阪の震災のに続いて北海道にも地震がありました。我が六甲山にも連続した台風により屋根瓦が飛ばされるとか、倒木による家屋への被害とかに影響がありました。室内への水漏れの被害も大きかったです。 「災害は天からの励ましと思え」と松下幸之助さんがおしゃっていました。記憶はあやふやですが、以前どこかで読んだ気がします。困難と危機に直面した時にはこの言葉が必要かもしれませんね。                
  • 梅雨の季節です。

    梅雨になりました。ここ数年、以前より湿めり具合が少なくなってきているような気がします。山に来た頃は、室内も100%近くになり、コピー用紙が湿って2~3枚くっついて出てきました。また、コンピューターも内部結露でなかなか立ち上がらなかったものです。除湿器はだいたい8時間前後で満タンになったものです。霧ではなく雲の中というか正解です。まあ、ひどいときは浴室の中にいるような状態でした。もちろん、湿気(カビ)対策が最重視されます。この梅雨が明けると素晴らしい季節の到来です。    
  • 山荘の季節がやってきました・・・・

    冬と春とのせめぎ合いが長らく続いていましたが、桜も咲き始め勝負がついたようです。ぽつぽつと通水(開栓)されている別荘が増えてきました。やはり、この冬の寒さの影響でしょうか、結構給水管の破裂が見られます。何年の問題なく過ごされてきた山荘でも今回の寒さで、水漏れがあり部屋中を水浸しにされています。マイナス10℃を超えてきますと、別世界になるようです。そらでも至る所で、春の兆しを感じるとうれしくなってきます。